商品紹介。刺し子のバッグとお洋服。

2013-04-18 07.42.17おかめ・ひょっとこのアップリケをつけて、さし子の布で トートバッグ。

カシュウ塗りの木のボタンをつけて。
赤い丸は PPボタンに 赤い絞りをかぶせて、下げました。

 

2013-04-18 07.43.00

 

 

 

 

 

 

刺し子布を つかった ワンピース。
無地は 国産の藍染めの布 。
先染めです。

2400円 m

洗うほどに いい味、出てくる。

 

刺し子は 自由でいい。
傷んで、弱っている布でも重ねて、チクチク。
丈夫になって、お洋服のポイントになります。
ますます、小さなハギレが 大事になった。

2013-04-18 07.43.05

 

 

 

刺し子のコツ 6  リズミカルに刺す。

自由に、楽しみながら。
しゃちこばって、考えていないで、いろいろ、挑戦してみてください。
   糸の目の長さを  変えてみる。
     糸玉の 連続もいいね、
 
  色糸で、ひたすら 刺すのもいいし、アップリケのふちを刺すのもいい。

  リズミカルに刺すと、楽しい雰囲気になるし、・・・

  横ばっかり、刺してから 縦に ばってんに刺すのもいい。

   こちらは 互い違いに 横に刺して、
全部刺し終わってから 糸を通す。
  労力の割には ぱっと見が いい。
いろいろ、やってみて欲しい。
もう、20年も前の話なんだけど、店が閑な時、店主も けっこう刺し子して、(信じられない!)
コースターなんかを作っていたのですが これがあんまり上手じゃなかった。

どうやったら、上手に刺せるんですか?

って、聞いたら、
この業界の 大先輩が こう言ってくれた。

きれいに刺そう、なんて、考えずに、ヘタはヘタなりに、
味があるから、どんどん、刺して。
あんまり上手にならないほうが、あなたらしい。

この言葉に、勇気をえて、たくさん、コースター、作ったけ。
昔を思い出して、また、刺してみようか・・・・・な。

刺し子のコツ 5  カドカドを  せめぎあって刺す。

カドカドが 大事。
店主の 独断と 偏見の 刺し子のコツ。 ・・・・ ですので、
         もし、もっと、いい方法があったら、教えてくださいね。
アラアラに刺すのが 好きな 店主ですが、(それしか できないせいもあるが・・・・。)
カドカドは きっちり、刺す。そうすると、カキッと、できばえがいい。

 
マルで、くくった カドが大事だ、とおもうんだよね。
 ちょっと、はなして、見て、はっきり、刺したいカタチがわかるように刺そう。
 

      上の写真は 古い風呂敷の カドの部分。
  こんなふうに刺せたら、いいんですけど・・・・。

刺し子のコツ 4  必須アイテム

手を守って、効率よく、刺すために・・・・・・・。

 石鹸
チャコは 使わない、・・・・・・きれいに落ちない、色移りするから。
指抜きをします。  これが、必需品。
 ゴムの指サック。
これは 人それぞれ、で、よく使う指につけます。
この 指サックのおかげで、スピーディに刺せるし、長い時間、刺しても、手が
痛くなりません。
ぜひ、使ってみてください。
目玉クリップ
安全だし、点で止めるより、面で止めるほうが しっかり、止めれます。


写真は 古い ふろしきの刺し子。
何度も水をくぐって、糸と布が 一体化している、・・・美しいと思います。
こんなふうに 落ち着かせるためには  一大事だと思います。
きっちり、キツキツに刺すと、こんなふうに しっとり、糸が 布になじまない。
糸は 縮むので、多少、糸が 浮いているぐらいが、いいと思います。
そのためには よく、糸しごきして、そのうえ、針先で、ひと目ひと目、
糸を少し、浮かせます。
面倒な作業ですが、この手間が 上手に刺すコツです。
店主は 口ばっかりで、ヘタなので、針目も なかなか、そろいません・・・が、
それも 味、だと思います。
思い切って、大きな針目で、ザクザク、刺してみてください。

刺し子のコツ 3  針のこと。

針なら これ・・・・スグレモノ・・・なのです。
大胆に刺していくなら、 この針がおすすめ。

そこらにある、有名メーカーの針は たおやかすぎる。
それに、太い糸が 通らない。

布団針で、刺している方がいたけど、それでは 先が鋭くない。
そこで、おすすめなのが、 銀座 あき枝(自然堂)の刺し子針セット
       7本入り、350円。(ホントは 250円なのですが、
店主も250円で買っているので、手数料で、100円頂戴しています。
この針が ないと、店主は 刺し子できない。
・・・ 太めの糸でも 2本どりできる。
先が 鋭いから ゴンゴン、刺せる。
まずは 道具から、、、、、、おためしください。
針をお買い上げの方には 刺し子のコツを伝授しております。。(手取り・足とり)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

刺し子のコツ 2  糸のこと。

糸は きれいに巻き取る、
けっして、しつけ糸みたいに切らない。

 きちんと、管理しましょう。

ボソボソの糸では、 きれいに刺せません。
カセになっている糸は 糸巻きで 巻きにして、売っているのですが、
そのままにせず、きれいに、巻き取ってください。
変なヨリを直しながら、きれいに刺せますように・・・・。って、
お願いしながら、
糸巻きなどに 巻くといいと思います。
店主は 太めの糸で、ゴンゴン刺すのが 好きで、店でも、太い糸をたくさん染めて、
売っています。
片ヨリ綿糸 がいい風合いに刺せる、と思います。

下手の長糸(ヘタのナガイト)

、      、と
昔から 言われています。
初心者は、特に、最初は あまり長く,糸を切らないで・・・・・・、
糸の扱いは 刺しているうちに わかってきます。
刺し始める前に 糸ピンピンをお忘れなく。
糸を張って、弦を弾くように、ピンピンします。
これは 糸のヨりを矯正するので、刺し子に限らず、縫物のコツですよ。
糸が 途中で、からがって、玉になるのを 防ぎます。
こういうことって、店主も知らなかった・・・でも、最低限の 常識。
お客さんに 教えてもらいました・・・・・・。学校では 教えてもらえなかった。
若い人には 知らない人、多いんじゃないかな、
手仕事の伝統が なくならないように、
おばさん方は 頑張って、伝えて行きましょう。