柿渋染め。 まっさかり。

2016-07-18 09.15.492016-07-14 14.18.47いいお天気が続いていますね。 柿渋染日和の 日々です。
朝は あまり暑くないので、 朝のうちに染めて、あとは 太陽さんにおまかせ。
ずぼら染めと 呼んでいる、 店主の性格にピッタリの染めです。

西陽に向けて、濃くしたい面をかけて、 時々、布をずらします。

そうしないと、洗濯棒の所が 濃くなって、シミみたいになります。

雨に当てて、翌日は しっとり、いい色になって、少しづつ、濃くなっていくのを
楽しみにします。(最近の雨は 酸性雨なので、色が酸化して くろっぽくなって、落ち着いた色になるのだ。)

一気に 濃くしよう、とすると、色が 黒いだけで、深みがないし、
柿渋の粒子は大きいので 染まっている、というよりは くっついているだけで、
こすれば とれてしまうので、・・・・・・・急がないで、薄い液で、何度も染めて、
干しっぱなしにします。

紫外線が 強いところでは、濃くなる前に、白っぽくなってしまうことがあるので、
そいうところでは 半日陰に干します。それでも、 けっこう 色が入ります。

何年も、しまいこんでいて、、わすれていた布が 出してみると、驚くほど、
色が深くなっていたっ、て、話をよく聞くので、(実際、明治の酒布はまっくろだね。)

いそがないことにしましょうよ、作品に入れて、使っているうちに黒くなるのもいいものです。

2016-07-18 09.16.00
なんか。ちょっと、失敗気味だなあ、という 裂き織りを柿渋染めしましたもうちょっと、濃くしてバッグにしよう。
2016-07-18 09.17.43
麻100%の ガーゼを 染めています。シワがイイ感じになります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

柿渋染めのことは 私見ですが、色々書いているので、 参考にしてください。

テーマブログの中に入っています。

 

 

 

Follow me!