襤褸(らんる)の話 2.

襤褸(らんる)っていう、言葉の意味。
襤褸・・・って、初めて聞いた時は モンゴル語かなんかと、思った・・・。
        れっきとした 日本語です。
要するに、ちりあくた、うち捨て去られたもの、という意味です。
昔・・・、それほど、古くない昔・・・・。
     木綿が貴重でした。  特に、東北地方では 木綿が 収穫できなかった。
どんな小さな切れでも、大事に大事にして、
穴があけば、丹念に繕いして、次から次と、布を重ねていって、とんでもなく、厚く
なった敷物もあります。
ツギに使う布は 一時代前の布を使うこともあるので、江戸時代の布だったりする・・・・・
布の資料としても、貴重です。
でも、何がいいかというと、・・・・質感だと思う。
朽ちていく布の最後の姿、手つむぎ・手織り、自然の染めの布だけが、持つ色合い、風合い。
それに、無作為の美しさ。
なんの作為もないのに、近代の版画のように説得力ある。ぞくぞくしますよ。
襤褸を在庫しています。
本もありますし、アイパッドに写真を 整理しましたので、
興味のある方、聞いてください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP