ミシンがけのコツ 7。 ミシンの不調の原因は 針! だった。

昨日のミシン点検、おじさんに怒られちゃった。
再三、

針を取り替えなさい!

と、言われていたのに、
傷のある針を使い続けていたのが 、原因。
しかも、9番の針。

ミシンのために 14番を使いなさい!
9番を つかう意味、って、ほとんどない。

9番では 細すぎる、—-スグに針先が丸くなって、曲がりやすいので、太い針より、
扱いが面倒、、、、、抵抗が かかって、ミシンに無理がかかる、
機械そのものが、壊れることは、ほとんどないそうで、ミシンの調子がわるくなるのは、
使っている人が悪い。---------ミシンのせいにしては いけない。

悪い針を使っていて、不調になっているのに、よくわかりもせずに、むやみに調節を
わたくた、やって、すっかり、調子を 崩してしまって…。

だから、・・・・・・、
ミシンの調子が悪くなったら、まず、14番の針に替えて、(普段から、まめに替えておくといいそう。
折れるまで 替えない人がいるけど、間違い!
古い針は 先が 丸くなって、曲がったりしていて、、ミシンに無理がかかる。)
調節は あまり いじらない、こと!  いじりすぎると、何が悪いのか、わからなくなる。
もし、ミシンのことで、悩んで、いる方、いらっしゃいましたら、
また、ミシンのおじさんに来てもらいますので、言ってください。
カマに 傷があることもありますから、・・・・。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。