遠距離ドライブ、温泉ツアー  7月18日(月)

銀婚湯まで行ってしまった、(八雲の もっと先。)
どうしても、銀婚湯に入りたい、と、約一名が主張するので、
大ドライブになってしまった。
遠いな、でも、いいや、運転手付き、・・・運転しなくていいから、乗ってるだけ。
途中、満開の芋の花を見ながら、

道の駅を はしごしながら、
なんにもしない、 一日があってもいいな、走りすぎだよ、と言われて、
楽しいからいい、と思っていたけど、いつのまにか、トシ、とってたみたいで、
どうも、時々、休まないと、いけなくなったらしいことに気づく。
秘湯、銀婚湯は 堂々として、歴史の重みを感じる。
こんな山の中で、よくもまあ、・・・めんめんと続いてきた風格、というか、
きっちりした日々の積み重ね、の成果というか、
淡々とした静けさの中に 存在していました。
ちりひとつない!
スリッパのない 気持ちのいい廊下。
磨きこまれた露天風呂の石。
野趣を残しながら、手入れされた庭。
今度は ぜひ、泊まりに来よう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。