のりの話。 子供たちに 教えて欲しい。

旭川のコサージュ教室で、のりの使い方の話をしました。
そしたら、けっこう、感動されてしまった・・・・。
そういえば、ブログで書いたことなかった、・・・・・・・・・・忘れないうちに書いておこう。

のりは 種類があって、それぞれ、使い方が ちがっています。
だから注意書きを よく読んでください
たくさん使えば、よく、くっつくように思いがちですが、それは 間違い。
薄く塗ればぬるほど、(均一に)、・・・・・よく、くっつきます。
下に 新聞紙などを敷いて、のりを出し、厚紙で ハケをつくって、きれいに よく のばします。
このとき、大事なのは 乗り残しがないようにすること!
特に、はしっこは 塗り残すので、気を付ける。
以前、三代続いた 表装の大家に 一貫張りを習ったことがあるのだけど、その時に
教えてもらったのが そのことです。

のりはり 3年 といわれるほど、のりづけは むずかしいものなのだそうで、
コツは 実際の大きさより、大きいものに塗るような気持ちで 刷毛を動かす、ということで、
のりを 大きく、はみだして、けっこう、むだにするのだそうです。

くっつけたあと、静かにほうっとくのが、大事。
動かすと、とれてしまう。

両面にぬるもの、片面だけにぬるもの、
乾かさないうちにくっつけるもの、あるていど、かわかしてから 塗るモノ、いろいろあります。
(ワンポイント、 乾かし過ぎて、くっつかなくなったときは 片面だけに、塗ると、再生して、よく、くっつきます。)

アロンアルファのような 瞬間接着剤は すこしでも すきまがあると、くっつきません。

私は アクセサリーつくりには スーパーセメダイン使っています。
これで、不良品がでたことがないので、いいんじゃないかと思います。
この接着剤は 両方にぬります。多少の隙間があっても、のりが 入り込んで隙間を埋めて、
しっかり、くっつきます。完全に硬化するまでに、時間が かかります。
ほんとは 二液式の接着剤をつかえば、強力なのでしょうが、使い方が面倒だし、(二つをよく混ぜて使う) はみだしちゃうし、(手にくっつくと、気持ち悪い。)むだがでるので、使いません。

100円ショップは よく利用するのですが、のりは 買いません。

100円ショップの のりは 不良品だと思います。安い分、作業が進まない。
不良品を創出する 元凶!だと思っています。同じ理由で、両面テープや ガムテープ、も、買いません。このへんで、節約するのは かえって、無駄だと思っています。

コサージュ教室、結構うまくいったので、要望があったら、教えたい、
おたづねください。

 

のりの話。 子供たちに 教えて欲しい。” への2件のコメント

  1. 昨日、コサージュ作りでお世話になりました山田です(浪漫屋さんの講習見本コサージュを無理やりゲットして帰ってきた者)。
    家に戻ってから、余分な布をカットして仕上げてみました。充分お気に入りになりましたが、やはり、見本コサージュのように若干中央が盛り上がっている方が私の中では心ときめく感じがします。菜門さんが作られたような、中央ポコンタイプもとってもかわいらしいですね。昨日の講習で久しぶりに刺激的な作業をしたので、自分なりの物に仕上げていけるように挑戦していきたいです。ありがとうございました。
    一緒に講習を受けた方の作品、ブログに載せず終いでした・・・ごめんなさい。

  2. コサージュを教えたのは初めてだったので、不備が多く、すいませんでした。
    最後の のりづけに 木工ボンドを使ったのは 失敗!
    不良品になりそうなので、 スーパーセメダインのような、しっかり接着剤を使ってください。
    洋服や バッグを作る人は おそろいのコサージュがあると、より、楽しく、手づくり感が出るので、
    いいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>