ミシンがけのコツその11、 のれんを縫う。

まっすぐ、長く、 ミシンをかけるのって、すごく、難しい。
特に、麻は ぐにゅぐにゅ、伸びて、扱いづらい。

麻ののれんは、すっきりまっすぐ、さがっているのが 美しい、、、、のに、
初心者には ちょっと、高い壁。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でも、、  コツがあります。

木工ボンドを 水で薄めて、歯ブラシなどで、ミシンをかけるところに塗り、
アイロンをかけて(高い温度でも大丈夫)、くっつけてしまいます。
アイロンは 上から 押すように、かけてください。(生地を伸ばさないように.)

麻は 繊維が固いから、折り曲げるときは 定規のようなものを 当ててると、まっすぐ折れます。もし、あまりきれいに折れなかったら、一本、糸を 抜きます。

こうすれば、・・・・・・・・・・スイスイ、・・・・あとは 縫うだけ。
麻など、目のツンデない布は のれんにして、下げておくと、縫い目が 目裂けしてくるので、
縫う個所に 接着テープを貼って、補強しておくと いいと思います。

接着テープ 、各色、在庫しています。  接着テープ、有効利用して欲しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夏ののれんや タペストリーに、ピッタリの布をたくさん、在庫しています。
                      縫いたい方、ご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>